ジンズが近視進行抑制メガネを開発中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近視進行抑制メガネって実は以前にもありました。今でもあるのかな??構造としては、累進型の遠近両用レンズを子供向けにアレンジしたものでした。最近は見かけなくなってしまいましたね、効果があまりなかったのかもしれません。

今回、ジンズが発売しようとしている近視進行抑制メガネは、以前のようなメガネレンズで、すなわち調節する力をコントロールすることによって近視を抑制しようというものではなく、以前にもここで記事にしましたが「バイオレット光」によって近視進行を抑制しようとするものです。

レンズにおいては、すでにジンズはバイオレット光だけを透過させるレンズの開発は完了しており発売もしています。それに加えて、今回はフレームにその機能を持たせようというのだから、すごいですよ。

近視抑制機能付メガネ型医療機器とでも言ったらいいのでしょうか。医療機器分野への参入をジンズは宣言したことになりますね。次々と革新的な試みをやってきます。メガネスーパーもVRとかに力入れているみたいですし、これからメガネ店は新しい商品を生み出す力も必要になってくるのでしょう。

コンタクトレンズでも近視抑制分野はかなり活発になってきていますので、こちらの業界も注目ですよ!

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です