アキュビューの洗浄保存液が出たそうな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョンソン&ジョンソンの「アキュビュー」といえば、ワンデーコンタクトレンズのパイオニア的存在で、日本でもトップシェアを誇る世界企業です。そんなアキュビューブランドから、ついに洗浄保存液が登場しました。

その名も「アキュビューリバイタレンズ」

ソフトレンズ用洗浄保存液となります。通年タイプのソフトレンズや2週間使い捨てレンズで使用できます。市場で有名どころでは、「ボシュロムレニュー」とか「オプティフリー」とか「ロートソフトワン」とかと同じ種類のケア用品となります。

何か特徴はあるの?

「アキュビューリバイタレンズ」の特徴は、その洗浄消毒力にあります。1本でなんでもできるMPS(マルチパーパスソリューション)の中では最も消毒力に優れた商品となります。また、たんぱく除去も出来ます。洗浄消毒力に優れた商品をお求めなら、おすすめできる商品です。

実は新商品ではありません。

暴露っぽい言い方ではありますが、この「アキュビューリバイタレンズ」は名前こそ新商品ではあるものの、中身は以前から市場に出回っている商品と同じものなんです。

その中身が同じ商品とは、

「コンプリートリバイタレンズ」

詳細はこちら → http://amo-inc.jp/eyecare/complete/revitalens/

この商品と全く同じなんですね。というのも、コンプリートリバイタレンズを販売しているAMOという会社が、ジョンソン&ジョンソンに買収されて子会社化されてしまったんです。もともと、ジョンソン&ジョンソンはケア用品の製造はしていなかったので、商品アイテムとしては不足していました。今回のAMO買収でそれが解消される運びとなったわけです。

自社ブランドのケア用品が欲しかっただけではなく、AMOはサージカル部門(手術機器とか)にも強かった会社なので、サージカルを強化したいがための買収という見方もできます。

ちなみにAMOにはもうひとつ有名なケア用品の「コンセプトワンステップ」という商品がありますが、こちらはしばらくAMOブランドのまま継続していくようです。いつのまにか「アキュビューワンステップ」っていう名前に変わっているかもしれませんが。

ワンデー市場が拡大する中でのケア用品への参入。業界的には頭打ち感がありますから、各社奪い合いのため、どんどんバッティングする商品を出してきそうですね。成熟産業の宿命でしょうか・・・。

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です