J&Jが調光型コンタクトレンズを発売か!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキュビューでお馴染みのジョンソン&ジョンソンが革新的な新製品を発売するそうです。この研究はかれこれ10年以上も続けていたらしく、ついに製品化にたどり着いたとのことで、2019年前半に海外にて発売予定らしいですよ。

その名も「ACUVUE OASYS with Transitions」って言うそうです。

2週間タイプのオアシスで発売されるようですが、日本上陸はまだ未定のようですね。というより日本発売を考えているかどうかすらわかりませんが。

どんな製品なの?

トランジションズとは、太陽光や紫外線によって色が変わる調光レンズのことを言います。メガネレンズではずいぶん昔からある技術ですが、コンタクトレンズで調光機能を持ったレンズというのはこれまでありませんでした。ジョンソン&ジョンソンが世界初となるんでしょうね。

透明のレンズが光の強さによって、サングラスみたいに色が変化するって便利ですよね。別にサングラスを持つ必要がないんですから。メガネレンズでは、比較的早く色が変わっていた記憶があります。ただ、色抜けは遅かったようでしたけど。

日本人に必要か?

いきなり切りこんでしまいましたが、日本人に果たしてこのレンズは必要なんだろうか?っていう疑問が湧いてきますよね。ジョンソン&ジョンソンは言わずと知れた海外のメーカーですから、白人の眼を対象としているように思います。白人の眼ってブルーだったりグリーンだったり、グレーだったりと色素が薄いというか光に弱そうですよね。

だから、やたらとサングラス掛けている方が多いっていうのもあります。でも、日本人を含め黄色人種は、眼が黒や茶色ですから、白人ほど眩しくないので、それほどサングラス姿の人を見かけませんよね。たまにリゾート地でサングラスしていたりするのは眩しさというより、ファッション的な要素が強いですから、普段なら掛けないと思います。

ということで、個人的な意見としては、日本ではそれほど流行らないって思っています。しかも、どれくらい色が濃くなるかわかりませんが、眼の色全体がグレーっぽくなって、あたかも宇宙人のような眼になったりするようなら、女性には敬遠されるかもしれませんよね。男性向けの商品のように感じます。

日本に上陸するときは・・・

ずばり!ワンデータイプで発売されるんじゃないかと思います。日本は世界でも有数のワンデー大国。ワンデー市場はまだ伸びていますので、頭打ちの2週間タイプでは発売しないと予想しています。というのも、2週間オアシスの遠近タイプって、かなり前から海外では発売されているにも関わらず、未だ日本市場には入ってきていません。他の海外メーカーはすでに以前から発売しており、2週間の遠近を発売していない大手メーカーは、ジョンソン&ジョンソンだけだったように思います。

こうした過去の経緯を踏まえると、日本でトランジションズを発売する時は、きっとワンデータイプで行くんじゃないかと思えるのです。「ワンデーオアシス トランジションズ」みたいな感じで。あくまでも個人的な想像ですよ。想像。

ひょっとしたら、まったく日本市場では発売せずに、別のレンズ、たとえば「ワンデーオアシスディファイン」とか、サークルレンズで新しい商品を出してくるかもしれないですね。そっちの方が需要ありそうだな・・・。

さて、トランジションズ。海外での評価は如何に。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です