コンタクトが眼の中に無い?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これパニックですよね。

特にコンタクトレンズを始めたばかりで、こうしたトラブルに見舞われるとコンタクトが怖くなってしまいます。一度くらいは経験するトラブルですが、そんな時のための対処方法をハード、ソフト別にまとめてみました。

ハードレンズの場合

眼の中に無い!っていうトラブルはハードレンズの方が多いですね。もともとソフトレンズよりもレンズがずれやすいですから、白目にずれることがあります。黒目よりも小さいレンズですので、まぶたの奥の方に隠れやすいんですよね。

ハードレンズは固い材質です。眼の中でずれているのであれば、たいてい本人に自覚症状があります。上を見るとちょっとゴロゴロするとか・・・。どこにずれているかわからない場合、ヒントとしては、ずれている方向を見ると異物感が生じやすいので目安となります。異物感が感じる方向を探してみましょう。

ただ、結構まぶたの奥の方に入り込んでいる場合は、自力で取れないこともあります。でも、白目とまぶたは奥で繋がっていますので、眼の裏に行ってしまうことはありませんのでご安心を。

これは経験談ですが、ハードレンズが眼の中でずれている場合、異物感がたいていあります。全くない場合は脱落している事が大半ですが、レンズ自体が見つからないと不安ですよね。隠れている箇所は、ほぼ上まぶたのどこらしかに隠れている場合が多いです。まずは、まぶたの上から指で触ってみましょう。下目づかいをした状態で、指で上まぶたを少し押えながら端から端まで丹念に探してみましょう。何かしら固いものがあるようなら、そこにレンズが隠れている可能性があります。

ここかな?っていう見当がついたなら、次に上まぶたを摘まんで持ち上げてみます。上まぶたの抵抗がなくなりますからレンズが出てきやすくなります。コンタクト用の目薬を多めに点眼して、眼の中の水分を多くしておくと、レンズが動きやすくなるので目視しやすくなります。

まれにですが、レンズが逆(凸面が角膜側)になってしまい、上まぶたの裏側に張り付いてしまっていた方もいました。これはまぶたを反転(翻転)させると簡単に見つかるのですが、自分ではなかなかできません。眼科で取ってもらうのが無難ですね。

ソフトレンズ(使い捨て)の場合

使い捨てが主流となっているソフトレンズですが、ソフトの場合は眼内の異物感がなければ、ほぼほぼ外れている事が多いです。黒目よりも大きいですので、まぶたの裏側へは隠れにくいです。

眼の中に残ってしまっている例で一番多いのは、破れたレンズの欠片が残っている、もしくは、オムレツ状態で二つ折りのようになってしまって残っているという事があります。

ハードレンズ以上にソフトレンズが厄介なのが、自覚症状がそれほど強くないという点です。もともと柔らかいレンズですので、欠片が眼内に残っていても、それほど異物感を感じなかったりするんですよね。なので、海外では何十年もまぶたの中にレンズが残っていた・・・なんてニュースがあったりしました。

眼の中でレンズが破れて、欠片が残っている場合、どれくらいの欠片が残っているかどうかを判断するために、眼外で確認できた欠片がどれくらいあったのかがわかると、眼内の欠片の大きさが推測できます。眼科へ行く場合は、その欠片を保存ケースなどに入れて持参されると手掛かりにもなるので良いでしょう。

アイボンなどの洗眼液で、目を洗ったりすると欠片が出やすくなったりしますので、お持ちの方は利用されると良いでしょう。それでも見つからない場合は、やっぱり眼科で診てもらうようにしてください。眼をやみくもに触りすぎると余計な傷をつけたりすることもありますのでご注意くださいね。

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です