バッテリー搭載のARコンタクト開発

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスの研究チームが、マイクロバッテリーを搭載したコンタクトレンズの開発に成功したらしいです。拡張現実=AR機能はもちろんのこと、視覚情報も併せて表示できて、しかも送信できるって。アメリカの研究機関であるDRAPAがこの技術に目をつけたようで、この技術を軍事目的に改良する予定とのことです。

DRAPA(ダーパ)と言えば、知る人ぞ知る、インターネットやGPSを作ったことで有名な機関です。こりゃ間違いなく何かどえらいものを作りそうです。ちょっとワクワク感半端ないですね。

さらに、マイクロソフトの参加も決定しているようで、すでに億単位の投資しているようですよ。これは本当にすごいプロジェクトになりそうです。

「ポケモンGO」がARコンタクトレンズでできるかもしれない・・・(スケールちっさ!)


フランスの研究チーム(IMT Atlantique)のサイト

↑↑↑ 画像も出てますよ。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です