ICLのデメリットって何?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントの指原さんがやったことで一躍有名になった「ICL」。

角膜を切るレーシックと違って、角膜の内側に眼内レンズを挿入するという新しい近視矯正手術です。角膜を切らないので、収差も発生しにくく見え方がクリアっていうメリットがあるようです。しかも、取り出すことも可能っていう事ですので、元に戻せるというのは大きなメリットですね。レーシックは一度やると元に戻せませんから、この違いは大きいですよ。

では、デメリットはというと・・・

  • 費用が高い
  • 手術中怖い
  • 緑内障リスクがある
  • 白内障リスクがある

費用が高さは、レーシックと比較すると、某大手近視クリニックでICLは両眼約42万円(税抜)。同クリニックのレーシックは両眼で約7万円(え!もうこんなにレーシックって安いんですね・・・)ですから、6倍の価格ってことですね。

手術の怖さは、人それぞれのようですよ。手術器具が見えて怖いなんて人もいれば、強い光を目に当てられるので眩しくて何も見えないっていう人もいます。と言うより、手術は怖いのが普通です。楽しいものではありませんから、怖くて当然かもしれませんね。

緑内障や白内障のリスクは、角膜の裏側に眼内レンズを挿入するので、眼内の房水の流れに影響が出て、緑内障や白内障になるリスクが指摘されています。ただ、眼内レンズには穴が開いているタイプもあって、これで緑内障を予防する効果もあるようですので、対策はされているようですね。万が一の場合、ICLは取り出せますから、最悪の場合、取ってしまえば元の眼になるってことです。

全体的に見て、以前のレーシックよりも安全性は高いと言えます。万が一、ICLが原因で何らかの疾患が生じた場合は、取り出すことが出来るので、手術後の対処も優れた近視治療法と言えるでしょう。

時間も両眼で10分程度っていう話ですから、日帰り手術です。体験してないので適当なことは言えませんが、白内障手術も眼内レンズを挿入する手術で、たくさんの高齢者が受けている手術と考えると、それほど難しい手術ではないと思えます。その分、安全性も高くて、レーシックよりも安心かもしれませんね。

これからの近視手術の主役になるかもしれないですね!

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です