ブルーライトカットのコンタクトレンズ登場。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーライトがいろいろと問題になり始めてから、結構時間が経ちました。その間、ジンズからブルーライトカットレンズが登場して、最近ではコロナの影響による在宅勤務も増えたせいか、かなり好調な売れ行きのようですよ。

ということで、今度はブルーライトカット型コンタクトレンズの登場です。でも、ジンズではないですよ。

2020年7月20日から販売開始になるブルーライトカットCLは、大阪が本社の株式会社Lcodeっていう会社から発売されます。この会社は、カラコンを主に発売していて、ローラさんをイメージモデルとして起用しています。カラコン版はローラさんを起用していますが、クリア版は上戸彩さんです。最近のカラコンメーカーは大物起用しますよね。強いな。

ちなみにですが、ローラさん起用のブルーライトカットカラコンは「レヴィア」。上戸彩さん起用のブルーライトカットクリアレンズは「ピュアリティ」という商品名です。

会社のサイトです ⇒ https://lcode.co.jp/

どこで製造されているレンズなの?

これ気になりますよね。カラコンの不良品で目を傷めてしまったとか、昔はよく耳にしてましたから。最近は、ワンデータイプが主流となってきていて、こうした眼障害は昔ほど多くはないように感じます。

「ピュアリティ」は透明なクリアタイプのワンデーですので、こちらを調査してみますと、製造は「台湾」ですね。カラコンってほぼ製造は台湾ですし、国内大手メーカーも台湾製のカラコン売ってますから、品質はまったく問題ないですね。むしろ、技術的には日本を上回っている感もあります。シンシアのシリコンワンデーも台湾製で、日本でも高評価を得ています。ちなみにジンズワンデーも台湾製ですよ。

カラコン版は姉妹がいるみたい。

カラコン版の「レヴィア」は、他の会社から別の名前でも発売されています。いわゆるOEMってやつですね。私が見つけたのは「チャンスワンデー」っていう商品です。こちらは「三吉彩花」さんをモデルに起用しています。色のテイストが「レヴィア」とは違うので、お好みで選択すると良いでしょう(いろいろと種類はありますけど、正直そこまで違いはないですけどね・・・独り言)。

通常のレンズよりも、うっすら黄色がかっている感じのようですが、ブルーライトカットのレンズって、こうした黄色みがかったレンズです。ひょっとすると、白目にかかる部分がやや黄色っぽくなるかもしれませんが、実際に入れてみないとわかりませんね。なので、最初は少量で買った方がいいと思います。

これとか ⇒ 上戸彩Purity 1day ピュアリティ ワンデークリアレンズ1箱5枚入

これとか ⇒  カラコン ReVIA Blue light Barrier 1day カラー 1箱10枚入

まとめ

これからのワンデータイプもいろいろな機能を加えたレンズが登場してくるでしょう。今回のブルーライトカットワンデーもその一例です。今後は、バイオレットライトを効果的に取り入れることができるワンデーとか(近視抑制に効果がある)出てくるとおもしろいですね。カラコンメーカーがどんどん力をつけてきていますので、いずれ専業コンタクト製造メーカーも買収される日が来るかもしれません・・・。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です