マジックワンデーを考える。【深堀シリーズ1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですけど、マジックワンデーっていうメニコンの一日使捨てレンズはご存知ですか?

このマジックワンデーの最大の特徴は、「厚さ1mmの世界最薄パッケージ」という2週間タイプ並みの箱の大きさなのに30枚もレンズが入っているという革新的なパッケージにあります。

今、CMで新キャラクターの「浜辺美波」さんが「スマートタッチ」って宣伝していますが、その先駆けとなるレンズなんですね。

発売が2012年8月ですので、かれこれ今年で7年目を迎えるレンズなんですが、根強いファンも定着してきているマジックワンデー。ちょっと深堀りしてみましょう。

マジックワンデーのレンズ性能

ベースカーブ 8.60mm / 直径 14.2mm

中心厚 0.10mm / 度数範囲 -0.50D ~ -10.00D

含水率 57% / FDA分類 グループⅡ (高含水非イオン性素材)

DK値(酸素透過係数) 19

と、こんな感じになっています。レンズスペックにこれといって特徴はなく、わりと一般的なレンズとなります。うるおいを高めるためにHEMA-GMAという素材を国内で初めて採用しています。

ワンデーの中でもっともエコロジーなレンズ!

通常のワンデーの外箱と違って、マジックワンデーの外箱は再利用できます。といっても、レンズ使い切った後の外箱を何かしらの小物入れに利用できたりしますって事なんですけど、アクセサリーなどの小物ケースにはなりそうです。決しておしゃれではありませんけど・・・。

ワンデーの外箱って、基本「紙」です。しかし、このマジックワンデーはプラスチックなんですね。レンズ製造時に不要になった成形プラスチックをリサイクルして作っている外箱なのです。しかも、通常のプリスターパック(レンズが浸かっているケース)よりも使用材料は大幅に減らされていて、年間で発生する容器ごみが80%も削減されているのです。間違いなく世界一エコロジーなワンデーです!(個人的見解)

どんな方におすすめなレンズなのか?

レンズの内面に触れずに、しかも表裏の判別不要で装着できますから、

・毎日の表裏判別が面倒な方

・朝はスピーディに装着を終えたい方

・旅行先でなるべく荷物を減らしたい方

・持ち運びにコンパクトさを求める方

などなど、カード並みの薄さを誇るブリスターは持ち運びに便利です。

ただ、わずか1mmの厚さの中にレンズが収納されていますので、ちょっとレンズがつぶれぎみになっています。そのためか、レンズ形状の復元に少し時間がかかるためか、装着直後の見え方がちょっと良くない場合があります。復元が完了すれば、本来の見え方になりますが、少し時間がかかることもあるようです。

装着に要する時間が圧倒的に少ないので、このレンズにハマってしまう方もいるため、ずっと使っているユーザーも少なくありません。唯一無二のレンズなんですよ。

「マジックワンデー」はネット検索しても出てこない?

正式な名称がはっきりしないのですが、どうやら「メニコン1DAYフラットパック」って名前が販売名のようです。もともとメルスプランでの販売が主体のレンズでして、あまり通販で見かけることはありません。探せばあるかもしれませんが通販での流通は、ほぼないと言ってよいでしょう。ゆえに、リアル店舗での取り扱いが主体となります。大手のコンタクトレンズ量販店なら大体取り扱っているかと思いますので検索してみてください。

もちろんメニコン系列の販売店なら100%置いてありますので、そちらでお求めいただけますよ。

⇒ メニコン取扱施設検索 

ニッチなコンタクトレンズと言えるかもしれませんが、今後も根強いユーザーがいる限り販売されると思います。スタイリッシュなワンデーコンタクトが欲しい方。一度、マジックワンデー試してみてはいかがですか?

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です