ICLのデメリットって何?

ICLのデメリットって何?

タレントの指原さんがやったことで一躍有名になった「ICL」。 角膜を切るレーシックと違って、角膜の内側に眼内レンズを挿入するという新...

記事を読む

ブルーライトカットのコンタクトレンズ登場。

ブルーライトカットのコンタクトレンズ登場。

ブルーライトがいろいろと問題になり始めてから、結構時間が経ちました。その間、ジンズからブルーライトカットレンズが登場して、最近ではコロナの...

記事を読む

近視が治るメガネ&コンタクト開発中。クボタビジョン。

近視が治るメガネ&コンタクト開発中。クボタビジョン。

窪田製薬ホールディングスの子会社であるクボタビジョンから「近視を治すメガネ」が開発中です。とりあえず、メガネが先のようで、コンタクトレンズ...

記事を読む

近視進行抑制サプリが登場。

近視進行抑制サプリが登場。

コロナの影響で学校が休みになり、外出も自粛することが多いと、どうしてもゲームに走りがちですよね。うちの子どもたちも「荒野行動」ばっかりやる...

記事を読む

ボシュロムがスマートコンタクト開発中。

ボシュロムがスマートコンタクト開発中。

世界的な大手コンタクトレンズメーカーであるボシュロムが、現在InWithという企業と組んでスマートコンタクトレンズを開発中とのことです。コ...

記事を読む

CLケアメーカーがアルコール消毒液不足の救世主となるか?

CLケアメーカーがアルコール消毒液不足の救世主となるか?

マスクはこのところ、供給が追いついてきまして、以前ほどの金額ではないにしろ、50枚が¥1000台くらいにまで下がってきましたね。それに引き...

記事を読む

2020年売れてるワンデー5選。

2020年売れてるワンデー5選。

今、ネット通販で良く売れているワンデーを楽天ランキングからピックアップしてみました。(2020/3) 1位 ワンデーアキュビューモイ...

記事を読む

ワンデーから2週間へ、どんなレンズを選択すればいいの?

ワンデーから2週間へ、どんなレンズを選択すればいいの?

日本はワンデータイプの使用者が増加しています。国民性もあるのかもしれません。清潔への意識が高いですから。ただ、新製品がことごとく、ワンデー...

記事を読む

世界初ピンホールコンタクトレンズ登場か??

世界初ピンホールコンタクトレンズ登場か??

このサイト(MEDIC)を見ていたら、こんな記事がありました。 ⇒ 【管理番号29-017】老眼の悩みを解決した世界初ピンホールコン...

記事を読む

新型コロナに結膜炎の初期症状?

新型コロナに結膜炎の初期症状?

できるだけ外出を控えている方もいらっしゃると思います。会社によっては在宅勤務へ切り替えているところもあるようですが、できない業種もあるわけ...

記事を読む

スマートコンタクトレンズ最大の問題点とは?

スマートコンタクトレンズ最大の問題点とは?

このところ、スマートコンタクトレンズに関するニュースが増えてきていますね。先日は、モジョビジョンのARコンタクトレンズが話題に上がっており...

記事を読む

コンタクトの表裏見分け方いろいろ。

コンタクトの表裏見分け方いろいろ。

ワンデーレンズの表裏って、なかなか見分けがつかないレンズも結構あります。特に柔らかいレンズは、プロの目から見ても「?」っていうもあります。...

記事を読む

家で検眼する時代が来るのか?

家で検眼する時代が来るのか?

在宅で検眼できるようになると、リアル店舗であるコンタクトレンズ屋及びメガネ屋はかなり厳しい時代になるでしょうね。 これ、実は現実化し...

記事を読む

コンタクトレンズの自動販売機登場!

コンタクトレンズの自動販売機登場!

あのメガネのジンズがやってくれました。コンタクトレンズの自動販売機が登場ですよ。 こちら ⇒ JINS Touch&Coll...

記事を読む

米国で近視抑制ワンデー承認。

米国で近視抑制ワンデー承認。

世界的な近視人口の増加が懸念されていますが、続々と近視抑制タイプのレンズが承認されています。ついに米国でも初めて近視抑制が謳われたレンズが...

記事を読む

スポンサーリンク
自動広告
自動広告
1 2 3 4 9