カラコンの乱視用ってないの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時々聞かれます。

「カラコンの乱視用ってないんですか??」

結論から言うと、あります

ただ、大手メーカーから発売されているものは今のところありません。カラコンについては新興勢力のメーカーさんがたくさんありますから、そういうところから発売されています。

たとえば、これ ⇒ ワンデーアイレリアルUVトーリック

これ日本初の乱視用のワンデーカラコンです。今まで【日本初】っていうのは大手メーカーがお得意だったんですが、とうとうカラコンにおいては中堅メーカーから【日本初】が出ましたね。国内メーカーだからちょっと嬉しかったりします。ただ、生産国は日本ではないですがね。

レンズスペックを見ると、含水率42.5%で中心厚0.08mmの非イオン性レンズ。グループⅠというカテゴリーのレンズに相当しますので、最近主流になりつつある高含水のグループⅣレンズとは違ってひとつ前のカラコンでよく使われている素材ですね。

決して、レンズとして悪くはありませんが、やや酸素透過性は低いレンズと見受けられますので、長時間装用はなるべく避けて頂いた方がよいでしょう。乱視用はレンズ周辺部分の厚みが通常のレンズよりもあるので角膜周辺部分への酸素供給が低下する可能性がありますので。

ただ、現在のところ、このレンズ以外で国内販売されている乱視用カラコンってどうもなさそうなので貴重な存在ではあります。ブラウンとブラックで乱視度数の製作範囲が異なっているようなので気を付けてくださいね。

以上、参考になれば幸いです。

【追記】

2週間のカラコン乱視用レンズがありました。リサーチ不足ですいません。それも大手メーカーのメニコンから発売されていました「メニコンReiトーリック」っていうレンズです。

一応、規格をお伝えしておきます。

B.C 8.60mm

直径  14.5mm

度数  ±0.00~-6.00(0.25ステップ)/-6.50~-10.00(0.50ステップ)

乱視  -0.75  軸 180°

カラー Mild Black ・ Nudy Brown

今現在は生産終了となっている「アテンション」と同じ規格のようですね。アテンションはもともと乱視用がメインでしたので、そのカラコンバージョンみたいな感じです。実績のあるメニコン独自の含水率72の素材ですので酸素透過性はカラコンの中ではトップクラスでしょう。通販では見かけないレンズです。楽天で調べてみましたがヒットしませんでしたね。メルスプラン取扱店舗で扱っているようですね。国産品質のレンズですから安心できますね。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です