製作範囲がもっとも広い使い捨てレンズはこれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近視の強い方は、「これ以上、眼が悪くなったら合うコンタクトがないんじゃないか?」っていう不安をお持ちかもしれません。かくいう私も、結構な強度近視です。幸いどのメーカーでも作っている範囲内のレンズで間に合うので選択肢が狭くなることはありません。ちなみに、-7.00を使っています。

ただ、度数がー9.00を越えてくるとメーカーによっては作っていないところもあります。人によっては「欲しいレンズの度数が作ってなくてあきらめた・・・」っていう例もあるでしょう。使い捨てレンズがなかった時代は、レンズの製作範囲がかなり広くて、オーダーにはなりますが、希望するレンズが手に入っていました。今は、使い捨てレンズが主流ですので、昔と違って、オーダーでレンズを作ったりすることができないんですよね・・・

というのが今まででしたが、時代は進化してます。

なんと!できるようになったんです!!

海外では以前からカスタムメイドの使い捨てって存在していたのですが、日本ではありませんでした。ところが、それをやってくれるメーカーが現れたのです。

それが、国内メーカー SEED です。(最近、とっても元気ですな。)

いまのところ一部ですが、主力の2週間使い捨てレンズが対応できます。

【シード2ウィークピュアUP】

+5.50 ~ +10.00 ← 特注商品 (0.50ステップ)

+0.50 ~ +5.00

-0.50 ~ -6.00

-6.50 ~ -16.00

-17.00 ~ -24.00 ← 特注商品 (1.00ステップ)

ちなみにワンデータイプはカスタムメイドではありませんが、製作範囲は一番広いです。

【シードワンデーピュアUP】

+0.50 ~ +8.00

-0.50 ~ -16.00 (-6.50以上は0.50ステップ)

ここまで、広い製作範囲をもつ使い捨てレンズはないです。(たぶん)使い捨てレンズは海外勢が席巻している状況ですが、このシードは国内生産で海外組に対抗しています。製作範囲を広く持つことで、きめ細かいサポートをして顧客を獲得しようとしているんでしょう。すばらしい~。

このレンズなら、今まで度数が合わなくて使い捨てレンズをあきらめていた方も使えそうです。いい仕事してますな。シードさん!

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です