ワンデー1箱¥1000時代がやってくる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンデータイプがすっごい安ければ、みんなワンデーになるんじゃないかと思う今日この頃。まじめに、ワンデータイプが1箱¥1000になる時がそう遠くないんじゃないかと思うわけです。

手入れ用品は要らないから面倒くさくないし、衛生的にも良い。ネックなのは価格だけ。価格が安ければみんなワンデータイプを選択するでしょう。乱視用や遠近両用もありますし、カラコンだってワンデーが主流になってきています。

性能が良いレンズ、プレミアムワンデーと呼ばれるワンデータイプはさすがに高いですが、一般的なワンデータイプは、かなり¥1000に近づいています。

1箱¥1000に近いワンデーたち ⇒ 1箱¥1000ワンデー ラインナップ

大手メーカーで¥1000ってのは無さそうですが、マイナーメーカー製のレンズではすでに¥1000に近い価格で販売されています。この低価格ワンデーがかなり売れてくるようになるなら大手の参入も考えられますが、大手メーカーはブランド力を重視しますので安売りは嫌いそうです。となると、やっぱり新興勢力のメーカーに期待ってことですね。

ネット通販で力をつけてきているカラコンメーカーなどが、クリアのワンデーに参入してきているので、ネット中心の販路から低価格ワンデーが伸びていくのではないかなって思っています。今のところ、低価格ワンデーはクラシックな素材を使ったワンデーが多いので性能は今一つになりますが、もう一歩進んで高含水素材を使用した薄型ワンデーが実現すると、えらいことになるかもしれませんね。

今後のワンデーの動向に要注目です。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です