ワンデーから2週間へ、どんなレンズを選択すればいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本はワンデータイプの使用者が増加しています。国民性もあるのかもしれません。清潔への意識が高いですから。ただ、新製品がことごとく、ワンデータイプなのも要因になっているかもしれませんね。

そんな中、個人的には2週間タイプが見直されるのではないかと感じています。というのも、今後日本はオリンピックが終了後、大阪万博が控えているものの、景気としては下降気味になるでしょう。

そうなると、所得も伸びにくく、何かを節約しなければなりませんよね。そうなると、まっさきにターゲットになりやすいと思うのですよ。コンタクトレンズが。よく節約コーディネーターみたいな人が、「固定費を削減すると効果的です」なんて事を言います。

コンタクトレンズ代は固定費ではありませんが、毎日使用する人にとっては立派な固定費です。なので、ワンデーを使っている人は、もっと安いワンデー無いかしら・・・とか探したりします。ごもっともですよ。

安いワンデーに変えるっていうのもひとつの方法なのですが、2週間タイプに変えるとコストは劇的に下がります。半分までは削減できなくても、2/3くらいは削減できちゃいますよ。ケア用品を含めてもです。

ちょっと面倒になったりするかもしれませんが、それはコスト削減のためですから頑張ってお手入れしましょう。でも、今のワンデーから代えるとして、どんな2週間タイプにすればいいのか、わかりませんよね?

では、ご案内しましょう。(あくまでも個人的な意見ですのでご参考までに)

ワンデーから変えるなら、こんな選択方法で。

選択へのアプローチとしては、3通りあります。

  • 同じメーカー内で2週間を考える。
  • 使用ワンデーと同じ様な素材の2週間を考える。
  • 使用ワンデーよりもグレードの高い2週間を考える。

こんな感じです。

まず、同じメーカー内で2週間を考えるですが、具体的には、現在J&Jのワンデーアキュビューモイストを使用している方であれば、同メーカーの2Wアキュビューもしくはアキュビューオアシスを選択してみるということです。

ワンデーアキュビューモイストと2wアキュビューの素材は同じです。ですが、うるおい効果はついていません。一方、アキュビューオアシスはシリコーン素材でワンデーアキュビューモイストよりも酸素透過性も高く、乾燥も少なくなります。コストは2wアキュビュー<アキュビューオアシスとなります。

価格重視でいくか、レンズスペック重視でいくかです。ワンデーよりも衛生面では劣るので、2週間に変更するならグレードの高いオアシスの方が個人的にはおすすめです。それでもワンデーよりもコスト安いですから。

では、次に具体例を挙げてみましょう。参考にしてくださいね。

プロが選択する、変えるならこの2週間レンズ! 

早速行ってみましょう。

  • J&Jワンデー(モイスト、トゥルーアイ)⇒ アキュビューオアシス
  • メダリストワンデープラス ⇒ 同素材ならメダリストⅡ、グレードアップなら2wアクアロックス
  • アクアロックスワンデー ⇒ 2wアクアロックス
  • デイリーズアクア ⇒ シード2wピュアうるおいプラス
  • シードワンデーピュアうるおいプラス ⇒ 2wピュアうるおいプラス
  • メニコンワンデープレミオ ⇒ 2wプレミオ もしくは モイストアイ(バイオフィニティ)
  • デイリーズトータルワン ⇒ モイストアイ(バイオフィニティ)
  • マイデイ ⇒ バイオフィニティ(モイストアイ)

こんな感じです。素材の柔軟性や、レンズカーブ(BC)などを考慮したのと、これまでの経験から個人的なおすすめを書いてみました。だだし、あくまでも参考程度にしてくださいね。個人差もありますから、必ずしも合うとは限りませんので。眼科で実際に試して装用感を確認するのがもっとも良い方法ですからね。

まとめ

今回は、ワンデーレンズから2週間レンズに変えるには、どういったレンズを選択すればよいのかっていう疑問に答えてみました。ワンデーのコストが気になって、ワンデーをツーデイにくれぐれもしないようにしてくださいね。万が一、眼病になってしまうとそれ以上のコストがかかってしまいますので。

では、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク
自動広告
自動広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です