スマホ老眼とコンタクトレンズ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スマホ老眼」

最近、よく耳にする言葉です。

20,30代の若者中心に拡大している症状だそうです。

コンタクトレンズを使用しているのは、

この年代の方が多いので「スマホ老眼」ユーザーも多そうです。

ここで「スマホ老眼」とは、いったい何か?という説明はネットで検索すると山ほど出てくるので、説明はそちらに任せておいて、コンタクトレンズユーザーが気にしておいた方が良い点ついて考えてみます。

そもそも、「スマホ老眼」っていうのはピント調節機能の低下ですので、その元凶となる長時間近くでスマホを見るという行為を止めれば治ります。一般的な老眼と違って、加齢による水晶体の硬化のようなものはないので、その行為自体がなくなれば治ります。

コンタクトレンズユーザーは、近視の方が多いので、軽度な近視の人であれば、コンタクトレンズをせずにスマホを見た方が負担は軽くなります。コンタクトレンズで視力を1.2とか1.5とか見える状態でスマホを長時間いじると、目の緊張状態が長時間続きますので疲れます。ひいては近視がさらに進むことも考えられます。この点は注意した方が良いと思います。

昔、スマホが無かった時代は、テレビは離れてみましょうとか、本は30cm離して読みましょうとか、言われていました。私の時代は、もっぱらマンガが主流でしたのでコミック本を長く読んでいたり、距離が近いと注意されたりしていました。

今はそれがスマホに変わったってことですよね。ただ、スマホは中毒性がありますから厄介かもしれません。だけど、対策としては昔と大きく変わったものではありませんので、以前から言われていることをやればそれで対策となりそうです。

スマホ老眼を防ぐ方法

スマホ老眼を防ぐ方法をちょっとまとめてみましょう。

・画面の明るさを抑える

・ブルーライトをカットするフィルターもしくはメガネをしてみる

・1時間使ったら10分くらい休む

・目の筋肉をほぐすために遠くを時々ボーっと見てみる

・30~40cm離して見る

と、こんな感じです。

ブルーライトとかは最近言われ始めたことなので目新しいですが、その他の対策って昔から言われている事とそれほど変わりません。人間の眼自体は今も昔もそんな変わっていませんから対策って似たようなもんです。

適度な距離をとって見る。

眼のストレッチ(遠くと近くを交互に見る)をしてみる。

疲れたら眼を休める。

基本、これで良いと思います。変に目薬とか使うよりはこうした普通にできる対策をした方がよいですね。後は血行の問題もありますから、眼を温めるグッズとかも効果があるかもしれません。めぐりズムとかはなかなか良いですよ。私、愛用者です。

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です