コンタクトレンズの使用期限について。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ご存知のように、

コンタクトレンズには使用期限があります。

こんな感じで

↓ ↓ ↓

cllimit

これはブリスターパックに記載されているものですが、

外箱にも同じように使用期限が記載されています。

では、この使用期限が切れたコンタクトレンズはどうなるの?

って思う方もいらっしゃるでしょう。

レンズが溶けたり、勝手に破れていたりする・・・・

そんなことはありませんね^^;

この使用期限の正体は、

『レンズを浸している保存液の使用期限』

 なんですね。

液体ですから、蒸発したりすると濃度が変わったりとか、

最悪、レンズがカピカピに乾いたりすることがあるかもしれません。

そのためか、

ハードレンズにおいては、最初から保存液が入っていない、

ドライ状態でパッケージされているレンズがあります。

そちらには使用期限がありません。

ドライ状態で保存されているレンズは無期限なんですね。

また、メーカーによって、

その使用期限が長いもの、短いものがあります。

なぜかはわかりませんが、

メーカーによる使用期限の設定にバラつきがあるんでしょうか?

厳密に調べたことはないですが、

最近は、昔よりも使用期限が長めに設定されているように思います。

今だと2020年くらいまで使用期限のあるレンズがありますね。

約5年くらいですか・・・以前は3年くらいだったような記憶が・・・

使用期限ぎりぎりまで使わないってことは、

あまりないとは思いますが、

安いからって大量に買い置きしていると

期限切れで処分ってことになるかもしれませんから、

必要な分だけ買うようにしましょう。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です