紫外線カットのコンタクトレンズは美白にも一役買っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線はお肌に大敵と言われます。いまや美白は基本になりつつありますので、化粧品を購入するときも、紫外線カットは選択の基準になっているそうです。

さて、テーマにもありますように、「紫外線カットのコンタクトレンズは美白に一役買っている」っていう話ですが、目から入る紫外線は肌を黒くする効果があるということが研究によってわかっています。(ロート製薬「ロートUVキュア」開発秘話の中で語られています)、目に入ってくる紫外線を抑制すれば美白にも貢献するらしいのです。

ガングロが流行った時代がもう遠い昔のようです。今は美白が中心になっています。東南アジアの国々でも美白を求める女性が増えてきているそうですよ。

サングラスよりも紫外線カットコンタクトレンズ

紫外線カットコンタクトレンズは、サングラスのようなまぶしさを軽減する役割はありませんが、有害な紫外線はサングラス(ものにもよりますが・・・)よりもカットすると言われています。よく、まぶしさ軽減=紫外線カットっていう認識をしている方もいるようですが、まぶしさと紫外線カットは別々に考えなくてはなりません。

まぶしさは軽減しても紫外線をカットしないサングラスって存在したりします。今はそれほど多くは無いと思いますが、これはもっとも目にとって悪い環境を作りだします。サングラスによって明るさが低減することで瞳孔が大きくなります。大きくなった瞳孔へ紫外線が降り注ぐわけですから、裸眼状態よりも悪い環境になってしまいますね。これは最悪です。

まっとうな紫外線カットのサングラスであれば、正面からの紫外線はばっちりカットしてくれますが、側面からの紫外線はカットしきれていないため十分ではありません。一方、紫外線カットコンタクトレンズは瞳孔部分をすっかり覆ってしまうため、正面からも側面からも、紫外線をカットしてくれますので、サングラスよりも効果は高くなります。ハードレンズ、ソフトレンズともに紫外線カットレンズはありますが、ソフトレンズの方が角膜をすっぽり覆ってしまうので、より有効ではないかと思います。

目に対する最強の紫外線対策はこれ!

もうお気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、最強の紫外線対策は、

紫外線カットコンタクトレンズ + サングラス 

これです!

サングラスでまぶしさを軽減しながら、正面からの紫外線をブロック!さらに紫外線カットコンタクトレンズで側面からの紫外線もブロック!!これで完璧です。(と思う。)

最近はカラコンしている方も多いと思いますが、カラコンも紫外線カットが装備されているレンズも多くなってきているので、そういったものを選択したほうがいいですね。美白対策にもなりますから。美白カラコン・・・そんな売り文句のレンズも登場するかもしれません(妄想)。

紫外線カットコンタクトレンズはこれだけある!

紫外線カットコンタクトレンズのご紹介です。

ハードレンズですと、

メニコンZ、アイミーアスフェリックUV、ニチコンEX-UV、ニチコンうるるUV、シードUV-1・・・こんなもんでしょうか??

ソフトレンズですと、ほぼ使い捨てレンズになりますが結構あります。

まずは、ジョンソン&ジョンソンのアキュビューシリーズ、全品紫外線カットレンズです。シードワンデーピュアUPシリーズ、2ウィークピュアUP、ファインシリーズ。ボシュロムバイオトゥルーワンデー。クーパービジョンマイデイ・・・・メジャーメーカーはこれくらい。

カラコンですと、

ジョンソン&ジョンソン ディファインシリーズ、シード アイコフレ・・・こんなところです。カラコンは最近種類が多くなっていてマイナーメーカーでも紫外線カットタイプがちらほら出ていますね。

美白対策には紫外線カットコンタクトレンズが必須です!

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です