ハードレンズがよくくもる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトレンズを長く使っていますと、

何らかのトラブルはつきものです。

ただ、買ったばかりなのにレンズの調子が悪いと、

「ん?何これ?合ってないのかしら??」

って思ってしまいますね。

御もっともです。

調子が悪くなってきたからコンタクトレンズを新しくしたのに、

改善どころか逆に今までよりも調子が悪くなってしまった場合には、

ストレスになってしまいます。

こうした例は、

ハードレンズの「くもり」という症状に良く見受けられます。

この「くもり」の原因はというと、

・単純に視力が低めに設定されていた

・左右を逆に装用していた

・レンズ表面に汚れがついていた

・乱視の矯正が不十分だった

・涙液量や質の問題によるもの

・アレルギーによる分泌に起因するもの

などなど、いくつか挙げられますが、

基本的には、「レンズ表面についた汚れ」です。

でも、レンズを新品にしたのにもかかわらず汚れがつくって場合は、

納得できない方も多いでしょう。

それを解決するには、

そもそも、【どんな汚れが付着しているか?】ということに着目しなくてはなりません。

くもりの原因となる汚れで一番多いのが、

【油膜】 もしくは 【油汚れ】 です。

はい。お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが、

お化粧品が原因となっていることが多いのです。

最近は、アイメイクが盛ん??のようで、まつ毛の際くらいまでアイライナーとか

引いている方がいらっしゃいます。何らかの原因でそれがレンズに付着してしまったり、

あるいは、涙の中にうっすら溶けてしまっているお化粧品の類が、

レンズ表面へ付着して、くもりを発生させている場合があります。

実際に、よくくもる方のレンズを観察してみると「ラメ」のようなキラキラしたものが

見えることがあります。

また、お化粧の仕方によっては、

眼のふちの部分に存在する「マイボーム腺」と呼ばれる部分が、

つまってしまい、それが原因で涙の分泌量や質に影響をおよぼしたりして、

ドライアイ状態を引き起こすことで「くもりやすい」状況になってしまう人もいます。

くもりの原因が【汚れ】である場合には、

さまざまな要因があるので、はっきりさせにくい場合が多いです。

お化粧品のせいのなのか、ハンドクリームがついてしまったのか、

絆創膏の粘着部分が付着したのか、涙液の質が脂っぽいためなのか、

レンズ素材との相性がわるいのか、etc……

「いつごろからくもり出したのか」という話を伺いながら、

原因が何なのかを推測していくことになります。

つまるところ、レンズ素材の相性が悪いってことで、

他メーカーのレンズに変更しまうことが多いです。

それでもだめなら、最終的には使い捨てレンズで落ち着くってこともあります。

コンタクトレンズはハードレンズだけではなく、

さまざまな種類がありますから、いろいろやってみて自分にあったものを

選択できれば一番いいですよね^^

え!ソフトってこんなに楽なの??

もっと早く試しておけば良かった~って声はわりとよく聞きますから・・・・

参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です