ハードレンズからソフトレンズに変えたら見えなくなった・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードレンズの需要って年々減少してきているように感じますが、それでも、根強い人気がありますね。何よりもランニングコストは一番ハードレンズが安いですからね。

ただ、ハードレンズユーザーは絶えず使い捨てレンズからの誘惑にさらされています。だって、あらゆる広告がほぼ使い捨てレンズばかりですからね。これだけ、使い捨てレンズの広告ばかりが目立っていると、「自分の使っているハードって悪いのかしら・・・」って思うこともあるでしょう。

周りのコンタクトレンズユーザーの方々がこぞって使い捨てレンズばかりだと、「使い捨てにしたほうがいいかも・・・」って思いますよね?ましてや調子がいいっていう話を聞くと、なおさらです。

ただ、ハードレンズからソフトレンズに変えると、見え方が悪くなることがあります。着け心地ががいくら良くても、肝心の視力がでなければ本末転倒です。コンタクトレンズは見えてこそ価値ある商品ですから。

さて、ではどういった理由で見えにくくなるのか、その原因を挙げてみましょう。

たいていは乱視が関係していますが・・・

ハードレンズからソフトレンズへ変更して、どうも、以前に使っていたハードレンズよりも見えにくいと感じる場合、一番多い要因としてあげられるのが、【乱視】です。

ただ、ハードレンズを外した直後というのは、もともと乱視があった方でも、減少しているもしくは消えている場合もあります。これを「オルソケラトロジー効果」と言います。ハードレンズ装用により、乱視や近視が一時的に抑制された状態になっています。

どれくらい乱視や近視が抑制されているかというのは、過去のデータ履歴があれば推測できる場合もありますが、たいていはよくわかりません。コンタクトレンズを新しく作る場所が初めてのところであれば、過去の履歴は当然ありませんので、その時に測ったデータに基づいて処方することになります。

「ソフトレンズへ変更して1週間くらいは良かったけど、だんだん見えづらくなってきた。」

こうした訴えの場合、ハードレンズのおかげで抑制されていた近視や乱視が復活することで起こる典型的な例です。新しくレンズを処方する場合は、眼のデータを計測します。それは、視力の値だけでなく、眼球の形状や屈折度数という、機械による客観的なデータも測定してそれを残しておきます。昔から通っていたところであればこうした履歴がありますので、以前に乱視がどれくらいあったかどうかというのが確認できます。過去の履歴というのはとても重要なポイントです。

眼のデータ履歴を遡ってみた時、仮に過去2回において、すべて「乱視あり」というデータが残っていた場合、今回、「乱視がない」というデータがでた場合でも、こうした「オルソケラトロジー効果」によって一時的に乱視が消えている状態かもしれないという判断ができます。

でも、初めてのところであれば、当然ながら過去の履歴がありませんので、比較することができません。運よくベテランスタッフが担当だった場合は、種類変更による変化を説明してくれて事前に対処できたということもありますが、その後、どの程度、乱視や近視がもどるかというところまではわかりません。あくまで推測に基づく判断となります。

ハードからソフトへの変更は、1回の処方でうまくいかないケースもありますので、使い捨てなら最小単位で初めは購入し様子を見たうえで、大丈夫そうなら多めに購入するというようにステップを踏んだほうが良いかもしれませんね。

コントラストっていう要素もあります。

裸眼の1.2とハードの1.2とソフトの1.2。

このうち一番見えやすい1.2がどれかわかりますか??

正解は ハード>裸眼>ソフト の順番になると言われています。

これはコントラスト感度というものが関係しています。簡単に言うと「はっきり感」と表現するとわかりやすいでしょうか?ハードからソフトへ変更した場合、こうしたコントラスト感度が低下すると言われています。

「何となくはっきりしない・・・」という方は、乱視が原因で無ければ、この種類変更によるコントラストの変化が影響している可能性があります。類似例として、通常のレンズから遠近のレンズへ変更した場合にも同様に「はっきりしない」という症状が出てくることがあります。

ワンデーの使い捨てレンズでも、種類を変更するとこうした症状が出ることがあります。ワンデーアキュビューモイストからワンデーアキュビュートゥルーアイに変更すると、「度数は同じなのに何だか見えにくい気がする・・・」というのは比較的みかける例の一つです。

ただ、人間慣れますから、ある程度使っていると気にならなくなることもしばしばです。どの程度耐えられるのかというのは人それぞれですので、ストレスにならない範囲で使えそうであればしばらく様子をみるというのもありですね。

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です