子どもの近視抑制に遠近両用コンタクトレンズを使う??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルにもありますが、

子どもの近視抑制に、遠近両用コンタクトレンズを使用するっていう

研究が海外ではあります。

実は、日本でもされています。

結構前からされている研究ではありますが、

コンタクトレンズにおいては話題にのぼることがほぼないですね・・・

メガネにおいては、

近視抑制レンズ(MCレンズ)というのがあります。

簡単にいうと、子ども用に設計された遠近両用レンズです。

詳しくはこちらを見てください

⇒ http://www.soj.co.jp/mc/ (カールツァイスジャパン サイト)

これと似たような原理で、

海外では遠近両用コンタクトレンズを、

近視抑制レンズとして処方しているようです。

昔は、小さいころにメガネを掛けると「ガリベン」的なイメージがあって

なかなか子どもは掛けたがらない傾向にありました。

今は、そこまでの抵抗はなくなっているとは思いますが、

やっぱり掛けたくないっていう子どもは多いでしょう。

邪魔だから掛けないっていうのもあります。

その点、コンタクトレンズであれば、

表情は裸眼と変わらず、スポーツにもOK、壊れる心配もないので、

結構、支持されるような気がしますが、あまり表には出てきませんね・・・

研究症例が少ないため、有効性に疑問を持っている方が多いんでしょうかね?

いろいろ調べてみますと、遠近両用レンズであれば何でもよいというわけではなく、

近視抑制に最適な設計の遠近両用レンズがあるらしく、

残念ながら日本ではそのレンズは発売されていないようです。

近視が多い日本ですから、

是非、この分野の研究をやってほしいですね。

今後に期待です!

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です