乱視用ソフトレンズがだんだん見えづらくなる・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視用のソフトレンズをお使いの方で、

「時間がたってくるとだんだん見えづらくなる」っていう訴えがあります。

この原因はいくつかありますが、

真っ先に思い浮かぶのは【乾燥】です。

お使いの方であればわかると思うのですが、

乱視用のレンズは、ある一定の方向に安定しないと、

乱視矯正が不十分になってしまう傾向があります。

レンズが乾燥すると、レンズが本来の位置からずれてしまい見えにくくなります。

これを『軸ずれ』っていう表現を用いたりします。

この『軸ずれ』を起こしてしまうと、どんなに優れたレンズを使っていても、

視力は出にくくなります。

乱視用レンズにおいては、

この軸の安定が必須なのですね。

ですので、乾燥などで軸ずれが起きないよう、

コンタクト用の目薬などを差して、レンズの動きをスムースに保っていく必要があります。

特にお昼以降は、涙液量もだんだんと減少していく傾向にありますので、

乾燥対策をとっていた方がよいでしょう。

また、これとは全く違った理由で『軸ずれ』を起こす場合があります。

そんなに頻度は多くないかもしれませんが、

こんな姿勢をしますと『軸ずれ』しやすくなります。

↓↓↓

nesobari

乱視用レンズは、軸を安定させるために、レンズデザインを工夫しています。

レンズに厚みのあるところと薄いところを持たせて、

厚みがあるところは重量があるため、時計でいう6時の方向に安定することになります。

薄いところは反対の12時方向に位置します。

上の姿勢をとると、

本来6時方向に安定するところが、4時か5時くらいの位置に安定することとなります。

ゆっくりと軸ずれを起こしますから、

だんだんと見えにくくなるという状況になりやすいです。

起る頻度は低いですけどね^^

以上、参考になれば幸いです。

ブログランキング

ブログランキング参加中です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です